さまざまな機能

入力フォームさまざまな機能を活用できるのがefoを導入するメリットの1つとなっています。たとえば、入力フォームにあるそれぞれの項目に対して、離脱率をチェックすることができます。これを確認することができれば、どの項目において離脱をする人が多いのかを確認することができるのです。入力フォームを改善する際の役に立つでしょう。また、それぞれの入力項目を完了するまでにかかる時間をチェックすることもできます。

他にも新規や再訪問で入力完了率を比較することもできます。A/Bテストができるような機能を用意しているサイトもあります。これによって、より効果のある入力フォーム最適化をすることができるでしょう。ブラウザやデバイス毎に離脱についてチェックすることも可能です

このように高度な機能も用意されているのがefoです。いろいろな業者がこちらのサービスを提供しているのです。入力フォーム最適化に興味があるならば、ぜひともチェックしてみましょう。いろいろな機能を駆使することによって、よりユーザーにとってストレスの溜まらない入力フォームを実現することができるでしょう。そのような入力フォームであれば、多くの方が入力を完了するようになり、それによってビジネスにも大きな効果を期待できます。


推奨サイト:efo
確実・効果的なEFOメソッドを開始できる専用ツールのサイトです。


離脱率を改善

入力フォームの最適化のためにefoを導入すると、入力フォームに入力していく際にストレスが溜まらなくなるでしょう。スムーズに入力ができるようになり、多くの方がストレスなく登録を完了することができたり、商品を購入できるようになるのです。これによって、離脱率を改善することができます

離脱率入力フォームにまでアクセスしたけれども、そこから入力を完了しないで離脱してしまう人の割合のことを離脱率といいます。この離脱率をできるだけ低くすることが企業にとっては重要なのです。離脱率の高い入力フォームというのは根本的にさまざまな問題を抱えているといえるでしょう。そのようなサイトをいつまでも運営していたとしても、あまりビジネスとして成功することはないでしょう。一刻も早く改善するべき問題なのです。

そこでefoの出番となります。こちらには入力フォームを最適化するためのさまざまなノウハウが詰まっているのです。いろいろな機能を利用することもできます。これによって、離脱率を大幅に改善することができるでしょう。自分達で入力フォーム改善のための方法についてあれこれ悩むよりも効率が良いでしょう。こちらを導入するだけですぐに入力フォームの問題は解決されるからです。


efoの導入

インターネット企業がビジネスを展開する際にインターネットは無視することができないものとなっています。多くの企業がインターネットを積極的に活用しているのです。ネット上でサービスを展開することによって、より多くの顧客を獲得することができます。ウェブサイトを活用している企業はたくさんあるのです。

たとえば、ウェブサイトで会員登録をしたり、サービスや商品の販売を行ったりしているケースは増えています。この場合はサイト上に登録フォームや入力フォームを用意して、そこに入力をしてもらうことになるのです。入力フォームには個人情報を入力していくことになります。自分の氏名や住所、連絡先などを入力していきます。場合によってはクレジットカードの情報を入力したり、職業や年収なども書かなければいけないことがあるでしょう。そのため、入力項目がかなりの数になることも少なくないのです。

このような入力フォームについて、不満を抱いている方はたくさんいます。せっかくそのサイトに登録しようと思っているのに、入力フォームに入力していくのが面倒になって途中で離脱してしまうような方は少なくありません。このようなことが起きれば、企業にとっては大きな損失になってしまうでしょう。そこでefoというものが登場しているのです。

これは入力フォームを最適化するというものです。efoを導入することによってさまざまなメリットを得ることができるでしょう。具体的にどんなメリットがあるのかを紹介しましょう。